皇居ラン|江戸城の内堀沿いの門を覚えていく

皇居ラン|江戸城の内堀沿いの門を覚えていく
2020-11-17
スポンサーリンク

皇居ラン

原則、毎月一回は皇居ランするために、東京・有楽町まで行っています。
毎回2周なので、約10km。

ただ、四季を感じれるとはいえ、何回も走っていると飽きてますから、走る度に新しい発見が出来るように考えた結果、江戸城をもっと詳しく、コースになっている内堀にある数か所の門を抑えていく事にしました。

日本城郭検定の受験もライフワークになってますし、過去問では、内堀にある門を選択肢から選べとかが、出題されてますし。

皇居ランコース

皇居ランのコースは内堀通り沿いに走る一周5kmのコース。反時計回りに走ります。
北の丸公園方面には行きません。

平川門(ひらかわもん)

江戸城の鬼門(北東)の位置にある門ですね。

北桔橋門(きたはねばしもん)

跳ね橋、桔橋、はねばし、いろんな書き方ありますけど、橋をは上げ下ろしすることで通行を制限できる橋。
城門などによくみられたそうです。

江戸城本丸の北桔橋門がそのようですが、今は固定橋になってます。

乾門(いぬいもん)

乾とは北西方向を示す言葉。戌(いぬ)と亥(い)の間だから「いぬい」と

半蔵門(はんぞうもん)

地下鉄半蔵門線で有名な半蔵門。
忍者で有名な「服部半蔵」がこのあたりに部下と共に屋敷を拝領してたとか。

毎月、1門ずつ増やしていきます。

お城巡りに役立つ本