車中泊の旅をやってみたら、色んな事に気が付いた。

車中泊の旅をやってみたら、色んな事に気が付いた。
2019-04-28
スポンサーリンク

長期連休が取得しにくいサラリーマン時代に車中泊で旅行するっていうのは、人生の中でやってみたいことの一つでした。今は自営業のような勤務スタイルで休みも融通が利くようになったので、思い切ってやってみることにしました。

車中泊と登山って相性が良い

車中泊でやってみたかったことは山登り(登山)。登山口近くで車中泊をすると早朝から登山を開始できます。
景色も空気が澄んでる午前中が奇麗ですし、下山は明るいうちにしないと危ないですからね。

車中泊でほしいグッツ

登山グッツも車に積んでおけるし、車中泊しやすい車(フルフラットになって真っすぐ寝れる)なのですが、最低限必要だなと思ったものを列挙しておきます。
・シートマット
・寝袋
・空気枕
・窓の目隠し、もしくはスモーク
車中泊で重要なことは、ぐっすり寝られること。ぐっすり寝られないと体が続かず連泊ができません。

車中泊で困ったこと

一番の問題はお風呂でした。登山は汗をかくので、体がベタベタな状態では気持ち悪くて寝られません。でも登山の場合は、近くに温泉施設があることが分かったので、登山→温泉→就寝のスタイルが確立しました。日帰り入浴だとだいたい1000円以内で入れるところが多いです。

二番目の問題はトイレです。
これは、どこに車中泊するかの大きなポイントになります。登山口の近くにはトイレがあることが多いですが、コンビニや道の駅の近くで良い場所を探すのも重要です。最近の道の駅のトイレは奇麗ですし、24h空いてますからとても使えます。

車中泊旅行のコツ

車中泊する理由としては、場所の問題と費用の問題があると思います。
車中泊はホテル代が不要な分、格段にコストを抑えることができます。が、その分、体はしんどくなります。ここで私が思ったのは、ある程度のペースでホテル泊を挟んだほうが良いということです。
私の感覚では、2車中泊&1ホテル泊のペアです。それでもコストは抑えることができますし、長旅にも耐えることが可能です。

疲れてしまって短期間の旅行に終わると、旅先から自宅までの交通費が逆に負担になりますよね。

今後の車中泊

念願だった車中泊をやってみて思ったことが、ホテル泊の旅行の方が気楽だな。ということ。
次回の登山や近くにホテルが無い場所を巡る旅をすること以外は車中泊はやらない気がします。お金かかってもホテル泊まったほうが良いっていう判断です。

やりたい事をずーっと引きずって過ごしているならば、実際に経験してみることが一番です。
経験してみることによって、今後どうするか自分で判断ができるようになりますし、やりたいことが一つ減って次に進むことができます。

これからもドンドンやってみたいことを作って、実際にやってみて、いろんな経験を積んでいきたいと思います。