弱虫ペダル 猛追読書

弱虫ペダル 猛追読書
スポンサーリンク

漫画やアニメにはそれほど興味はないのですが、
ロードバイクを購入してから「弱虫ペダル」を読み始めました。今更感ありますが・・・。

弱虫ペダル

ロードバイク初心者で、旅先でのんびりとしたロングライドをすることが始めた動機なのですが、自転車競技の「弱虫ペダル」は面白くてサクサク読めてしまいますね。

漫画自体もそうなのですが、巻末にある著者のバイクについてのコラムみたいなのが、結構勉強になって楽しいです。

インターネットカフェで

さて、第1巻を手に取ったのはインターネットカフェです。
私は本を読むのが遅い方だと思っていて、マンガ一冊読むのに20~30分掛かってしまいます。

インターネットカフェだと3時間居て読めて5冊ほど。
3時間もいると1300円くらい料金が掛かってしまうし、一回読んで物が残らないから費用対効果悪いなーと思って困りました。

なんせ、弱虫ペダル。凄い巻数(60巻以上)出てますから・・・。ネカフェで読んだら万を超える金額に・・・。

TSUTAYAのコミックレンタルで

そんなときに思い出したのが、最近、近所の近くのTSUTAYAでコミックレンタルが始まったこと。
漫画に興味が無かったので、完全スルーでしたが料金チェック。

なんと2泊3日で1冊70円!
ネカフェより断然安い!ということが分かりました。使える!

あと問題は、弱虫ペダルが置いてあるかどうか?
でも、その心配は無用でした。自分が思っている以上に人気漫画だったため全巻揃ってました。

それよりか、人気のために読みたい号が貸し出されている状態が発生。現在待ち状態です・・・。

登場人物では

主人公の小野田くんはじめ、いろんな登場人物がいるのですが、個人的には御堂筋クンが強烈で好きです。
ああいうお化け的キャラがいると、結構スパイスになりますよね。そして裏もあるし。

弱虫ペダルは自転車競技の漫画なので、私の嗜好とは異なりますけど、スプリンターとかクライマーとか、こういう世界があるんだなーと楽しく読ませてもらってます。

これから猛追読書

このブログを書いている6月10日時点で読み終わった巻数は19。インターハイの三日目(最終日)に突入しています。
これからまだ40巻も先があるんですね。

この先どんな展開になっていくのか楽しみです。一気に読んでやります。
あと、マンガ読んでるとロードバイクで走りたくなるんですけど、梅雨で足止め中です・・・。